【22歳からモテ男に】社会人でモテる男の特徴。学生時代はダメでもOK!

1.はじめに
学生時代にモテる人と社会人でモテる人は大きく違います。
実際、周りを見渡してみてください。
学生時代にサッカー部のエースでイケメンだった人は、今でも女性からモテモテでしょうか。
意外と学生時代に暗かった眼鏡のちびっ子が、社会に出てからモテたりします。

2. 学校にはスクールカーストがある
社会人と学生で最も違うところは、ステータスです。
学生時代はルックスやクラスでの人気、スポーツの成績など、目に見えて華々しいものがモテる指標となります。
今考えたら変な話ですが、これは当然です。
学生時代はまだ自立していないため、つまらない部分での維持管理や気遣いが出てこない
のです。
そのため、どうしてもクラスで人気の出ていないガリ勉くんやオタクはモテにくいです。
それに全員まだ精神的に幼稚なため、運動神経のもともとない子やアクティブでない趣味を持った子が強い子にからかわれることは多いです。
そうなると肩身が狭く教室でも女子に話しかけづらく、またクラスは閉鎖空間のため、なかなかモテることはできません。

3. 社会に出たら経済力と性格
しかし、社会人になってしまえば運動神経や会社内での華やかな人気などあまり関係ありません。
なぜなら閉鎖的ではないからです
無理に会社でモテようとしなくてもいいわけです。
合コンや出会い系サイト、友達からの紹介や何かしらの趣味の集まりなど、出会う場面は多くなります。
そういった様々な場面でたくさんモテるために重要なのが、経済力と性格です。
社会に出たら職と将来設計、そして生活していくうえでの気遣いがモテに直結します。
なぜかというと、学生時代にはなかったつまらない部分が社会に出たら大部分を占めるからです。
そういったつまらなさと面倒さに向き合ってきて、安定した収入と苦難に耐えうる性格を勝ち取った男に女性は心から惹かれ、妻にさえなりたいと思うのです。

4. そして何より清潔感と安定感
そして社会に出たら避けられないのが、加齢です。
男も女も平等に、成人した後は肉体的に衰えていきます。
それは仕方のないことです。
しかしその加齢によって全てだらしなくなってしまうのではなく、精神的に成熟していって、安定した性格を持つ男になることが重要です。
さらに、加齢に抵抗して自らの頭髪や髭、肌や服装にも気を配り、清潔感のある紳士にならなければいけません。
若い頃は普通に母親に家事を任せていれば、ぼーっとしていても清潔でいることができます。
しかし社会に出たら家事も加齢も大変です。
不潔な男は不潔になるような生活習慣まで見透かされて、嫌われてしまいます。
安定した性格で安定した家事をして、素敵で清潔な紳士を目指しましょう。
それさえできれば自然とモテモテになれます。

5.まとめ
学生時代には目に見えて華やかなクラスメイトがモテモテだったかもしれません。
しかし社会に出たらそれは大きく異なります。
経済力のある性格の安定した紳士がダントツで人気です。
運動神経も会社内での面白さも関係ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です