【残酷な真実】「モテる男」と「モテない男」はココが違う!

1.はじめに
男ならだれでも女からの人気は得たいものです。
しかしモテずに悩む人は後を絶ちません。
モテないことには明確な理由があります。
モテる男になるにはどうすればいいのか、考えていきましょう。

2.モテない男はキャラをつくる
まず、モテない男に共通しているのがキャラを作っているということです。
それは純粋でないのに純粋を装っていたり、無能なのに有能を装う人のことです。
逆に、モテる男は下手にキャラを作らず自然体で女と接していきます。
なぜ自然体の男がモテるかというと、女は勘が鋭いからです。
男が下手に自分のキャラを作っていると女にはすぐにばれて、そしてダサくイタいと思われてしまいます。
しかし、もちろんキャラを作らないと俺なんかモテるわけがないと感じている人もいると思います。
その通りです。
しかしやはり、そういった方はキャラを作ってもモテません。
自分の性格を根本から変えるような出来事や経験を積んで、本心から変わらなければモテません。

3.モテない男は動きすぎ、そのくせ大事なところで静かすぎ
モテない男はあたふたしています。
手をつなぐときや歩くとき、話すときや食べるときなど、いつもです。
簡単に言い換えると、常に余裕がないのです。
デートを成功させるためにはどうすればいいのだろう。次は何しよう、今日の俺はイケてるのかな。
様々なことが頭を駆け巡って、目が泳いで行動がふらふらします。
モテない男は自意識過剰で、そして準備不足なのです。
デートなどの前に、行く場所や行き方の確認、髪型や服装などの身だしなみのチェックを上手くできていないのです。
それによって女と一緒にいるタイミングで急いだり慌てたりするため、女に安心感を与えることができないのです。
しかしそれでいてモテない男は度胸がありません。
不良や不備、間違いがあった時に限って、あたふたしていたのに急に棒立ちになります。
これでは女にも意気地がないと思われてしまいます。
逆にしなければいけないのです。
大事な時はよく動き、普段は落ち着いている、というふうに。

4. モテる男は恐ろしい
モテる男は自然体で、それでいて逃げません。
正直で素直で、ビビっていないと言えます。
そしてそれが良い意味で恐ろしいのです。
この恐ろしいというのは、汚いことも多く蔓延る現代社会において、自然体のまま自信を保っていられるということ、それが脅威だという意味です。
その恐ろしさに女性は惹かれ、吸い込まれていきます。
嘘を吐いて悪いことをして、それで自信を保っているのは情けないことです。
正直でも弱々しく、ビビりっぱなしであれば、それもまた当然情けないです。
そうではなく、子供のように正直な自然体のまま自信を保つということ、それこそがモテる男の佇まいなのです。

5.まとめ
モテない男はキャラを作って付け焼刃でモテようとします。
さらに女性のための準備や心遣いをせず、常に自分中心の考えになってしまいます。
しかしモテる男はそういったことがなく、辛いことや面倒から逃げず自然体で女と接します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です