【生物学的優位】「モテる男はフェロモンが出ている」は本当か?

1.はじめに
モテる男はフェロモンが出ているとよく聞きます。
性格や見た目というよりは、もう本能的に女性を引き寄せてしまう何かがあるということです。
しかしそんな曖昧で見えづらいもの、本当にあるのでしょうか。

2. フェロモンというよりはテストステロン
たしかにフェロモンは存在しますし、それで異性を惹くこともできます。
動物はフェロモンで異性を引き寄せ、求愛し、交尾に至ります。
しかしそのフェロモンは人間が普通に生活している分にはあまり効果がありません。
様々なサイトで人間でもフェロモンはちゃんと機能していて、女性をムラムラさせると書いてありますが、信憑性は薄いです。
フェロモンが配合された香水をつけていればモテるという噂もありますが、単純に商売に乗せられている可能性も高いです。
しかしフェロモンと少し似ているもので効果が高いものがあります。
それがテストステロンです。
テストステロンは男性ホルモンの一種で、男らしさを増すことができるホルモンなのです。

3.筋トレでフェロモンを出す
ではどうやって自分のテストステロンを増やすのかというと、主に筋トレで増やすことができます。
筋トレと聞くと、いやいや最近の流行ではないだろう、と思われる方も多いと思います。
しかし、人間がこの大地に生まれてから数百万年、筋肉が流行らなかったことはありません。
筋肉は男らしさの象徴であり、テストステロンによって女性は自然と引き寄せられます。
ではなぜ最近の女子は筋トレする男を嫌う傾向にあるかというと、自分の筋肉にほれぼれとしている精神性が嫌いだからです。
いくらテストステロンがどうのこうのと言えど、現代では生き方や性格もモテに関わってきます。
そんな時代において、自分の筋肉にばかり集中してしまっている自己中な人からは、ある種自然と女性は離れていきます。

4.フェロモンを出す行動
テストステロンなどの男性ホルモンは筋トレだけではなく、日々の生活で増やすことができます。
モテると言われている人の多くが、筋トレというよりは生活で男性ホルモンを増やしています。
ではどのような生活で男性ホルモンが分泌されるかというと、主に4つです。
まず一つが勝つことです。
なにかの競争で勝った時に男性的になり、俗にいうフェロモンらしきものを身に纏います。
二つ目が姿勢です。
猫背ではなく背筋を貼ることで男性ホルモンも出て、自信も増します。
三つめが食生活で、四つ目が睡眠です。
健康的な生活習慣が重要です。
その中でも勝つことが重要です。
相手は人生でも病気でも人間関係でも、要は全部です。
闘わないと自然にただの優しい人になって、全くモテなくなります。

5.まとめ
正式には、フェロモンはモテに関係ありません。
しかし、男性ホルモンがどのくらい出ているのかというところはモテと関係あります。
モテる男は男性ホルモンがたくさんでています。
それでいて、男性ホルモンが多くなるような健康的で強い生活を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です